観光地を訪れる楽しみ

観光地を訪れる楽しみ

旅行するときに、観光地を訪れること。

旅行をするときに、家族でする場合や個人でする場合など、いろいろあると思います。そして、人の少ないところでリラックスしたい旅もあれば、逆に観光地を訪れて、実際に目で見て、実感する場合もあると思います。しかし、旅行社に観光地といって、検索してもらっても、相当な場所があがってきて、費用面と日数など条件がいろいろ異なってきます。以前に、観光地を教えてもらうことにしたのですが、そのときに、ひとつの条件として、世界遺産を見たいという注文をつけました。そして、挙がってきたのが兵庫県の姫路城でした。確かに歴史的にも有名な城で、白鷺城という別名を持つ城ということで、そこを観光することに決めました。人数は、一人旅です。そして、ガイドブックで下調べが始まったのですが、旅行者からもらうパンフレットでは、あまりにも少ない知識と思ったので、ガイドブックで調べたり、インターネットを使って調べました。
そうすると、駅から、徒歩15分ぐらいのところにあること、城周囲にはおみやげやがいくつかあり、城下町を楽しむことができることがわかり、宿泊ホテルの予約をすることにしました。しかし、ここで世界遺産になってからの姫路城はとても人気があり、なかなか城から近いところにホテルをとることが出来なかったことが、まずわかりました。タクシーはたくさん走っているということですが、いちいち移動するのに、タクシーに乗らなければなならないとすると運賃がかかりすぎます。やはり、世界遺産という観光地を訪れようとするなら、思いつきではなく、季節や時期をよく考える必要がありそうです。そして、何とかホテルと確保して、いざ現地に行ってみると、城を見学しようとすると、自分でも回れるのですが、ボランティアのガイドさんがいて、予約をしていれば、すぐに対応できることを知りました。外国の人には英語でも対応してくれるそうです。そして、もし4月6日なら、「しろ」の日ということで、城見学の拝観料も無料ということがわかりました。日程が合うのであれば、そんなことも、もっと調べて行けば、良い経験と得をしたのにと感じました。

注目リンク

Copyright (C)2014観光地を訪れる楽しみ.All rights reserved.